インターンシップPart1

こんにちは~☀☂☁


 本日のテーマは「インターンシップpart1」です!皆さん、インターンシップって何か知っていますか??23卒の方はもちろん知っていますよね?('ω')

 インターンシップとは、学生が興味のある企業などで実際に働いたり、訪問したりする職業体験のことです。実際の業務や働く環境の体験を通じて、業務内容や働くことの理解を深めることを目的としています。インターンシップは、学生側・企業側のどちらにもメリットがあり、インターンシップを受け入れる企業は増えてきています。

 インターンシップは、企業の細かな情報を知ることができたり、自身の選択の視野を広げたりと、きっと就職先を決める上での第一歩になるでしょう。





 本記事「インターンシップpart1」では、インターンシップに行くメリットについて詳しくお話ししていきます(*'▽')それではさっそく…

インターンシップに行くメリットはいくつかありますが、その中でも本日は3点取り上げます。




  • 業界・企業理解

インターンシップのプログラムや会社の説明を受けることによって、四季報やパンフレットだけでは得られない情報を自分の目で見て耳で聞いて仕入れることができます。インターンシップに行って自分自身で仕入れた情報・体験したことが、後の本選考や他の同じ業界の企業の面接などにおいても説得力のある志望動機を作ることにつながるでしょう。



  • 入社後のギャップを少なくする

同じ業界の企業だとしても、全ての企業が同じ社風ではありません。そしてそれは、実際に現場で時間を過ごしてみないとわからないことでもあります。「黙々とデスクワークをしているだけの雰囲気」、「賑やかなオフィスで明るい印象」など、企業によって大きく異なるでしょう。こうした社風などは、企業情報などの字面だけではわからないため、インターンシップに参加して把握することが一番大切です!



  • 自己の成長

インターンシップに参加することで、自分を成長させる事ができます。 例えば長期インターンに参加した場合、その会社の業務や空気感にリアルに触れることができます。そして、会社に入って実際に仕事をするということは、責任も同時についてきます。そのため、自分の言動に責任感を持って仕事に取り組むことが必要となります。それに加えて、その仕事に対する知識やスキルを向上させることができます。ネットや書籍で学習するよりも、効率良く、そして深く業界や職種の知識を手に入れられるはずです(*'▽')




インターンシップに参加する目的をはっきりさせておくことによって、自分の行動は大きく変わってきます。ただなんとなく参加するだけではあまり意味がありません。インターンシップに参加することで何を得たいのか、どういうスキルを手に入れたいのかといった、目的意識を持つことを大切にしてみてください☆




【本日のまとめ】