前日/当日に食べたいものPart2

こんにちは~☀☂☁


 本日のテーマは「前日/当日に食べるといいもの part2」です!受験や面接などの大切な日の前日/当日にはぜひ食べてほしいおすすめの料理をご紹介します(/・ω・)/なぜその料理が良いのかについても少しお話しますので参考にしてみてください!!

 本記事は、前回の記事の続きになっていますので、「前日/当日に食べるといいもの part1」をまだ読んでいない方は、まずそちらからご覧ください↓

前日/当日に食べたいものPart1




【前日におすすめの食事】※消化の悪いもの、刺身などの生もの、辛すぎるものはやめておきましょう。


  • 寄せ鍋

 鍋は野菜や肉、魚などを一度に食べられるうえに、柔らかく煮ているので消化が良いです。また体を温めてくれるので、体調を整える効果も期待できます。

 ちょっと余談ですが、体温が上がると運気がよくなると言われています。試験前に体を温めて運気を上げておきましょう(*^^)おすすめの具材は、ササミや白身魚、白菜、ニンジンなどです。


  • 豚の生姜焼き

 豚肉はビタミン・ミネラルが豊富で疲労回復や免疫力アップに効果があります。さらに、生姜には殺菌作用があるため、おなかの中の悪い菌を掃除してくれるので、翌日のコンディションを整える効果が期待できるでしょう(*'▽')

 ボリュームのある食事で活力を付けたい方には特におすすめの料理です!






【当日におすすめの食事】※消化の悪いもの・生もの・冷たいものはやめておきましょう。食べすぎにも注意です。


  • 朝定食

 白米に味噌汁、おかずという定番の朝定食は、糖質とタンパク質、脂質をバランス良く含んでいます。栄養バランスが取れた食事を食べると、集中力の向上に効果があるという研究結果もあるほど、試験当日の朝食として最適です。

 おかずは、焼き魚をおすすめします!白身の魚を使ってお腹に負担をかけずに副菜でビタミン・ミネラルを補給するのがいいでしょう☆


  • ほうれん草とじゃがいものオムレツ+トースト+スープ

 洋食派の人におすすめのメニューです!食パンはエネルギーを素早く摂取するのに優れています。野菜の中でも消化のいいほうれん草とじゃがいもを使って、栄養バランスをとりましょう。

 また、そこに野菜やベーコンなど、具材がたっぷり入った温かいスープを取り入れるともっと良いでしょう('ω')食欲がなくても食べやすいというメリットもあります!



試験や面接などの重要なことがある日はどうしても緊張するものです。自身のコンディションを整えるためにも、直前の食事には気を配りましょう('ω')ノ




【今日のまとめ】