© 2018 Japan Edu-Beit Association 

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon

お問い合わせ  l  jeba@mail.seiki.co.jp  l  075-256-8851

  • 広報局 安井

JEBAメンバー紹介vol.4 広報局 梶川裕司

最終更新: 2018年6月22日




■基本profile

名前:梶川裕司

回生:2回生

所属大学:滋賀大学

サークルなど:バドミントン部

所属教室:東進草津駅東口西口校

大学での研究テーマ:教育学、数学

■エデュバイト中の私

・生徒との関わりで意識していること

 一番は生徒のために、と考えて動くことですが、そのような関わりを通して、自分自身も問題解決能力、企画立案能力、コミュニケーション能力の向3つの能力を向上させることを目指しています。東進の担任助手は生徒とかかわる時間がゴールフリーより少ないですが、生徒と積極的に会話し、校舎全体の問題点を考え、また1人の生徒の問題点を考える。そしてそれを解決することやそのための企画の案を練る、ということを意識しています。

・教室内での立ち位置やキャラクター

教室内では、最も生徒のことを知る担任助手を目指しています。生徒と話すときは、生徒の頑張りや取り組みを引き出すように意識しています。そして、生徒にとって話しやすい担任助手であるよう努めています。

■JEBAでの私

・JEBA歴 半年

・JEBA加入動機 エデュバイトグランプリをきっかけにエデュバイトを自分の校舎でもっと活性化させたいと考えるようになりました。そのためには自分がもっとエデュバイトを知りたいと思い、JEBAに加入しました。また、東進担任助手がJEBAに加入していないことから、JEBAに東進担任助手の自分が関わることでもっと良い活動にしていきたいという思いもありました。

・JEBAでの立ち位置やキャラクター 広報局に所属しています。僕は特に唯一の東進担任助手として、東進でもエデュバイトやエデュバイトプロジェクトがより広まるように、またJEBAのメンバーに東進のことをもっと知ってもらえるように取り組んでいます。先輩、同回生関わらずメンバー全員と話せる人物でありたいと考えて行動しています。

・JEBAで印象に残っていること

 JEBAのミーティングを通して、他人の意見を批判せず自分の意見との差異・不一致から議論していくことが大事だと学んだことです。この学びがJEBAや勤務中だけでない日常生活の場面でも役立っています。

■将来のビジョン-30歳の自分像

数学の教師または、小学校教師になって、勉強を教えることはもちろん、主体的に生徒が勉強するきっかけを与える教師であることです。そのために現在エデュバイトでも、自校舎の生徒に主体性を持たせられるように頑張っています。