© 2018 Japan Edu-Beit Association 

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon

お問い合わせ  l  jeba@mail.seiki.co.jp  l  075-256-8851

  • 広報局 大槻

メンバー紹介 仲井彩



①名前:仲井 彩

 ②学年:3回生

 ③大学:関西外国語大学

 ④所属教室:ゴールフリー宇治教室

 ⑤好きなもの:米津玄師・嵐・邦ロック・SNOOPY

 ⑥サークル:無所属


*コーチとしての私

 ①生徒との関わりで心掛けていること

塾という空間を勉強する場所だけでなく安心できる場所と思ってもらいたいと考えています。なので、テキストをひたすら進めるだけでなく、生徒とのコミュニケーションをとることも心がけています。特に、生徒の学校生活の話や嬉しかったことなど、生徒にとって感情的な経験をよく聴きながら日々過ごしています。


②教室内での立ち位置やキャラクター

宇治教室のコーチたちに個性的な人たちが多い中で、自分ではツッコミ役だと思ってます。しかし、周りのコーチや社員さんからはドジっ子、またいつでも迅速かつ的確に突っ込むことができる人と言われます。



*エデュバイトでの私

 ①エデュバイトにおける私の考え

現代の世の中には、バイトはただのお金を稼ぐための手段で、いかに楽にお金を稼ぐかが大切という考えの人もいます。私はそれでは本当にもったいないと思います。せっかく学生時代の多くの時間を費やしているのだから、自分の成長に役立てる時間にしたいと思っています。だから、バイトを通して将来に役立つスキルを身に着けることができるエデュバイトは私にとって魅力的であります。



*JEBAでの私

 ①JEBA歴 2年目

 ②JEBA加入動機

JEBAに入る前に、友人や塾長に勧められてJEBA主体の営業活動に参加しました。そこではエデュバイトのことを詳しく勉強し、実際に企業の方にアポイントを取り、企業に赴きエデュバイトを宣伝しました。今までやったことのないような経験でしたし、刺激的な体験だったので、そこでJEBAに興味を持ちました。JEBAでは普通には体験できない、なおかつ学生のうちにしか体験できないような経験ができるという印象でした。

私は人と話したり、自分の意見を言ったりするのが苦手です。しかし、「JEBAに入って営業活動やミーティングを通して自分の殻を破り挑戦したい。また、今しかできない経験をしたい。」と思いJEBAの加入を決めました。


 ③所属局・仕事上の役割

  企画運営局に所属しています。企画運営局の4回生と「なぜ、この取り組みをするのか。」といった根本的なところを考えたり、時には先輩として2回生が主体的に活動できるようにサポートをしています。


 ④JEBA内でのキャラクター

JEBAの中でも、自教室と同じようにツッコミ役と言われます。局長からは、「唐揚げに必要なレモンのような存在」という評価をもらいました。また、議論が止まる様な雰囲気に発破をかける人であれるよう心がけています。


 ⑤JEBAに入って良かったこと。

今までにない経験ができ、自分を成長させられたことです。多種多様な価値観を持つ人たちの中で意見を共有しあうこと、企業にアポイントを取って営業に行くこと、大規模なイベントを運営すること、パソコンを使ってタスクをこなすこと。私にとっては全てJEBAに入らないと経験できないことでした。

特に、営業活動を通して人前で意見を言えるようになったり、初対面の大人の方を相手にしても少しずつ話せるようになってきました。

また、様々な活動をする中で、責任感を持てるようにもなってきました。苦手だったスケジュール管理とタスクマネジメントを自分なりに克服しようとするようになりました。

少しずつですがJEBAに入る前の私とは変わってきている気がしています。学生のうちに、高みを目指す大学生の仲間たちに感化されながら自分の成長のために行動できることも、JEBAに入ってよかったことの一つだと思います。



*成長と進化

 ①大学生として、どう成長したいか。

JEBAには様々な価値観や意見を持った人たちがいます。JEBAの仲間と活動を通してコミュニケーションを取ることで人の意見を尊重し、共存ないし妥協案を出しあえるような大人になっていきたいです。また営業活動やミーティングを通して、物事を容易に納得してもらえるように伝えられるスキルを身につけたいです。学生という立場を良い意味で利用して、失敗を恐れずいろいろなことにチャレンジしていきたいです。