© 2018 Japan Edu-Beit Association 

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon

お問い合わせ  l  jeba@mail.seiki.co.jp  l  075-256-8851

  • 広報局 大槻

メンバー紹介 細川颯一郎

 



①名前:細川颯一郎

 ②学年:4年

 ③大学:京都工芸繊維大学

 ④所属教室:ゴールフリー六地蔵

 ⑤好きなもの:ドライブ・アイスコーヒー

 ⑥サークル:JEBA



*コーチとしての私

 ①生徒との関わりで心掛けていること

生徒との関わりにおいては生徒の自立を促すことを意識しています。そのため基本的には宿題を出さないようにしています。

一年の計画を生徒と一緒に考えたうえで、3か月後にはここまで終わらせるように言います。自分でカリキュラムを立てて、今何が足りなくて、何をすべきなのかを理解したうえで、ゴールフリーの85分しかない授業時間を最大限活用できるように考えてもらっています。


②教室内での立ち位置やキャラクター

  教室リーダーの経験を活かし、サポート役に回っています。個人としてはコーチの見本であるように心がけながら、教室全体を見てサポートをしています。



*エデュバイトでの私

 ①エデュバイトにおける私の考え

  エデュバイトは一長一短な仕組みです。自らが率先し、主体性を持って取り組むことができれば非常に素晴らしいものであることは間違いありません。また、主体的に行動すればする程、得られるものも多くなると思います。エデュバイトの内容を理解したうえで、将来を見越しこの仕組みを存分に使うエデュバイト生が増えることを願っています。



*JEBAでの私

 ①JEBA歴

   4年

 ②JEBA加入動機

   JEBAの発足はEBGPがきっかけでした。4年前のEBGPで「JEBAという学生団体が作られます。」と聞いて、面白そうなな団体だと思い、まずは説明を聞きに行こうと思ったことがきっかけです。  


 ③所属局・仕事上の役割

   事務局に所属しています。

主な業務として、エデュバイトプロジェクトの企画書・進捗報告書の添削を行っています。また、他の局の議論の内容を見ながら適宜アドバイスを行い、メンバーをサポートする役割を担っています。


 ④JEBA内でのキャラクター

   JEBA歴4年の先輩として、頼りがいのある先輩でいるつもりです。


 ⑤JEBAに入って良かったこと。

入ってよかったことは数えきれないぐらいあります。JEBAに入ったことにより企業や大学への営業活動も経験させてもらいましたし、局長としてメンバーをまとめる大変さを実感することもできました。また、研修局・事務局として自分は動かずにサポートする難しさも経験できました。これらのことを経験させていただいたからこそ出てくる意見もあり、仕事の効率性なども考えるようになりました。4年目になりますが毎年違った発見があり、成長を実感できる経験をさせてもらえていることが一番ですね。



*成長と進化

 ①大学生として、どう成長したいか。

成長したい姿に限りはありません。観点としては、他者から評価されること。自分で成長したと思っていても意味がないと感じています。また、いくら成長したといっても必要とされるまでのレベルに達していないと意味がありません。そのため漠然とはしていますが、自分が関わる人に「こいつすごいな」と思わせることができるような言動を取れる人物に大学生のうちになっておこうと考えています。