• 広報局 重田

EB就活体験記2018年 笠間勇太郎さん(ES編)

今回のターゲット:エデュバイト・JEBAでの経験が就職活動の中で活きたエピソードを、1.エントリーシート(以降ESと表記)、2.グループディスカッション(以降GDと表記)、3.面接の3つの面からお届けします。

エデュバイト、JEBAでの経験が就職活動にどのように活かせたのか、今回は笠間勇太郎さんの就職活動について対談させていただきました。


笠間勇太郎さん ゴールフリー烏丸二条教室 エデュバイト生

同志社大学 4回生(インタビュー当時)


2017年度エデュバイトグランプリでは司会を経験、2018年度から実行委員長としてメンバーを率いる立場として活躍。2018年度エデュバイトグランプリ成功の立役者の一人。



|自分のマインドを押し出したES。企業に自分を合わせるよりも、自分のマインドに合う企業選び


それではESについて伺っていきます。よろしくお願いします。






よろしくお願いします。






まず、ESは合計で何社出されましたか?そのうち何社で通過したかも教えてください。





ESは14~15社出しました。その中で落ちたのは2社だけでした。






ESの提出した量からすると通過率が高かったんですね。書くときに意識したことはありますか?





どの企業にもほぼ同じような内容を書いて出していました。ESを出す企業に迎合しすぎては自分らしさが伝わりづらくなり、採用担当者に自分が目に止まらないと考えていました。




このESの内容が完成するまでの添削はしてもらっていましたか?






添削はリクナビ就職エージェントにしてもらっていました。あとは両親ですね。両親は自分がどんな人間なのかという本質をよく分かってくれているので、両親に添削してもらうと企業に合わせて作ってるということなどすぐに指摘してくれて心強かったですね。



両親は一番近くで見ている存在なので、自己分析で迷う時には確かに心強いですね。この2つのESと履歴書で少し違いがあると思いますが、2つの違いにはどのような考えがあったんですか?




違いとしては、片方では能力面を書いていて、もう一方では自分のマインドを書いていることです。2つのESを見比べると、OpenESには「まとめる力では誰にも負けない」と能力面について書き、履歴書には「逆境を乗り越える経験をたくさんしてきました。」というマインド面について書きました。私は、JEBAの実行委員長、自教室では教室リーダーの経験もあり、大学のゼミではリーダーをしています。しかし、能力や役職だけでその人が企業にとって最適なマインドを持っている人材かを判断するのは難しいです。なので、履歴書には「逆境を乗り越えられる」という自分のマインドを書くことで、逆境や困難に立ち向かえる自分には、ルート営業、事務系の仕事よりも、自分の考えを形にし、試行錯誤を繰り返し、企業の進展に大きく関わる仕事のほうが適していると伝わったと思います。



|内容を読んでもらえないと意味が無い。

目を引くための工夫


ここまで書く内容について伺いましたが、笠間さんが気を付けたESを書く際のポイントを教えてください。





ESの書き方で意識したことは「見出しを付ける」、「結論ファーストで書くこと」です。ESは大量にある中から人事の採用担当の人が読んでいく感じなので、あとから見てもらう中で「お!」となり、目を引くものにする工夫が必要だと考えていました。そのために意識したことは「見出しを付ける」ことです。基本的には履歴書ではやってはいけない事ですが、ESではやっていいですね。太字にしたり、四角で囲って見出しをつけたり、そこの内容を一行で最初にまとめて書いています。就活において選考官は特に色んな人に出会っています。その人たちには結論ファーストで話すこと、書くことのがとても大事です。学生時代に何したんですか?と聞かれて、前置きを喋った後にこういう結果がでましたっていうのじゃなくて、「(結果)になったんです。要因としては~」という風にしないと興味を持って聞いてもらえません。



選考官が読まず、興味を持ってくれないと落ちるのは当然ですね。ESだけでなくそれ以降の選考もその意識が大切ですね。





企業選びで難しいのは高校や大学のように偏差値が明確にないところです。結局は自分にマッチした企業に行けるか、それでいてやりたい仕事で、求められる仕事で、向いている仕事なら最高ですね。そういう企業に就職するには自分を繕うんじゃなくて、バシッと「自分はこういう人です。」という内容を書いていかないと自分に合っているのか見えてきません。自分のことを書いても、落ちるときは落とされます。ESは落ちることを恐れると何もできなくなるので、恐れずに自分に合うと思った企業に出していくことが重要ですね。



数多くの企業の中から自分に合う企業を見つけるのには、一番早い方法ですね。このやり方で注意するべきことはありますか?





この内容で書いて、自分に向いていない企業にばかりESを出していたら全部落ちると思います。そうならないように、業界研究、企業研究が大事です。自分にはここの企業が向いてるなっという予想を立てて、ESを出さないと時間を無駄にします。私は時間を無駄にしながら業界・企業研究をしていました。業界を一個に絞るよりも、2,3個に絞るのがいいと思います。



|大学のネームバリューの実態...。

悲観しすぎも良くない?


書類はネームバリューなどの偏見が怖いじゃないですか。笠間さんは企業に名が通っている大学ですが、あまり企業に名が通っていない大学の学生たちはこの記事を見て「どうせ同志社大学だからこんなに通過率良いんじゃない?」と感じるはずです。大学のネームバリューを感じる場面はありましたか?



ESのこと以外で、合同説明会の特別講演会で大手企業2社に前日に申し込みができ、抽選も通りました。当日周り見ると阪大、京大がたくさんいたことから、大学のネームバリューがあってもおかしくないと感じました。超大手と呼ばれる財閥系とか五大商社などの企業の中にはフィルターをかけている企業もありますが、その他の企業、優良ベンチャーやメガベンチャーではあまりそういう傾向は感じなかったので、あまり悲観しなくて大丈夫です。



合同説明会の申し込みが大学によって不可能になっているというのは聞いたことあります。まず、説明会に立てないというのは厳しいですね。





|情報に囚われない。

多くの業界・業種から企業を探す広い視野。


そうですね。ネームバリューを意識する企業はただ規模が大きいだけだと思います。大手に必ず行きたいみたいな発想よりも、自分に合う企業を見つける就活をする方が良いと思います。確かに、生涯年収ランキングでは大手のほうが高いです。そういう情報に囚われすぎると、ただ大手に行きたいという辛い就活になってしまうと思います。例えば、人材系のベンチャーで会社の規模が小さかった時に入社して、今、社長になっている人は年収1000万円で収まっていないですよね。もっと自分の選択肢を広げてほしいです。



大手は必ずいい待遇がある、だから大手に行こうという考えは良くないということですね。笠間さん自身は初めから就活に対する視野を広く持っていましたか?




最初は大手の企業しか知らなかったので、就活を進めていく中で「お、ちょっと待てよ。こういう選択肢もあるな」と気づき、徐々に視野が広くなりました。就活は今思うともう一回挑戦したいですね。終わってから本を読みだしたり、NEWSPICSに登録したり、就活が終わり、社会人になる前にやっておきたいものに手を付けたら、就活をもう少し早くやっておけばよかったなと思います。



どのような本を読まれたんですか?






「ブランド人になれ」、「どこでもだれとでも働けるか」という二冊の本を読みました。この二冊には共通点があって、会社以外の仕事や、ただの仕事であっても、その中で自分の価値を認識し、自身の能力を高めています。この二冊共通して会社にとらわれない生き方について綴られています。この二人の筆者は会社というものに縛られない生き方をしていますね。なので、ESなどの選考の段階でも会社に迎合する必要はないのかなと思いました。



|これだけは避けるべき?ESのNGな書き方

~製品のことをESに書かない~


ESに書く内容、書く際のポイントがだんだん理解できてきました。ここからはESでNGな書き方について伺っていきます。ESは自由度が高いと思いますが、これだけは避けた方がいいことはありますか?




NGな書き方を避けるためにはESの書き方の本を読むのがベストですね。本にすべて書いてありますね。私が言えることは、会社の製品をESに書くのは良くないということです。それを読んだ企業の反応は「いいお客さんでいてください」という感じです。書くなら書くで凄い光る意見を書くべきです。ワンキャリアの記事で「就活生よ!メルカリを褒めるな!むしろディスれ!!そして愛せ」というのがあって、結構有名な記事です。製品を褒めること、製品に共感することよりも、企業や製品の目標と現状を分析して正しくけなせという内容です。そういう視点があったのかみたいなことがESに書いてあると、使える人材と認識されるからですね。この筆者の田畑さんの本はとても参考になります。私自身深く理解しているわけじゃないけど、「お!」と思えるような視点でESを書く必要がありますね。



正しくけなせというのは、普通の意見、共感はいらないんですね。正しくけなすためには企業研究がとても重要ですね。





これを書くなら企業研究を完璧にしおかないと、正しきけなすことはできません。正直、賛同とか共感は誰でもできます。それよりも正しく問題提起できる人材を企業は求めていると思います。詳しくは実際に記事を読んでみてください。



これは記事をしっかり読む必要がありますね。

ESについては以上になります。貴重なお話ありがとうございました。





次回は笠間さんが受けたGDについてのインタビュー記事です。

GDで落ちたことが無い笠間さんが持っていた必勝法が明らかになりました。また、周りの人たちとの調和のとり方、その中で自分をアピールする方法は必見です。


EB就活体験記2018年度版 笠間勇太郎さん GD編に続く

© 2018 Japan Edu-Beit Association 

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon

お問い合わせ  l  jeba@mail.seiki.co.jp  l  075-256-8851