© 2018 Japan Edu-Beit Association 

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon

お問い合わせ  l  jeba@mail.seiki.co.jp  l  075-256-8851

  • 広報局 重田

EB就活体験記2018年度 笠間勇太郎さん(面接編)

最終更新: 2019年11月4日

今回のターゲット:エデュバイト・JEBAでの経験が就職活動の中で活きたエピソードを、1.エントリーシート(以降ESと表記)、2.グループディスカッション(以降GDと表記)、3.面接の3つの面からお届けします。

エデュバイト、JEBAでの経験が就職活動にどのように活かせたのか、今回は笠間勇太郎さんの就職活動について対談させていただきました。


笠間勇太郎さん ゴールフリー烏丸二条教室 エデュバイト生

同志社大学 4回生(インタビュー当時)

2017年度エデュバイトグランプリでは司会を経験、2018年度から実行委員長としてメンバーを率いる立場として活躍。2018年度エデュバイトグランプリ成功の立役者の一人。


前回のES,GD編の記事を読んでいない方は↓のリンクから

EB就活体験記2018年 笠間勇太郎さん(ES編)

EB就活体験記2018年 笠間勇太郎さん(GD編)


|結論から話すこと。 何より伝えたいことが最優先



ここからは面接について伺います。よろしくお願いします。笠間さんが面接の際に気をつけていたことや心構えはどのようなものでしたか。





心掛けていたことは3つあります。①結論を先に述べること②自分の人間性を話すこと③自然体で話すことです。

①結論を先に述べることでは、面接で聞かれたことに対して結論を簡潔に述べ、自信ある顔をして待っていました。ちょっとでも興味を持ってもらえたら、小出しにその話題について話していました。そうやって面接を受けていた方が通過していた気がします。逆に自分から喋りすぎた時は落ちていました。



それこそ、自分からたくさんのことを喋っていた時は空回っていた状態ですか?





そうですね。話そう話そうとするほど、自分のボロが出てしまいますね。






|エデュバイトで得た経験。 乗り越えた経験から自分の人間性が見える鍵



②の自身の人間性を話すとはどういうことですか?






選考官は基本ESなどを見ながらの面接をしているので、「ESに書いてるこの項目はどういうことですか。」と聞かれることが多いと思います。面接を受けていく中で気づいたのは、「この人たちは、能力よりも人間性を見ているな」ということに気づきました。それから能力に力を入れて話す必要はないと思い、反対に「自分は逆境に強いです。ピンチを乗り越える経験が多かったです。」という話をしていました。



具体的にどのような内容を話しましたか?






エデュバイトのことではプロジェクトリーダーをクビになりかけたことがありました。開校1年目で他塾から移籍してきた時で、教室長に「とりあえずこれ書いてきて」って企画書渡されたプロジェクトがエリアで最下位になりました。



何もわからない状況で、最下位になったのは辛い経験ですね。






教室長に「次は違う人に任せようと思う。」と言われましたが、「いや、僕にやらせてください。前回の反省も生かして、次ちゃんとやります。」と伝え、次のプロジェクトではエリアで1位に選ばれました。




プロジェクトの反省点を踏まえて行動をすればエリアで1位を取れるって分かっていたということですか?





そうですね。取れる自信はありました。






確かに逆境と言えば逆境ですね。ピンチを乗り越えた経験として十分伝わりますね。





他にも似たような経験を3つ4つESに書いていました。






そこを面接で深堀りされていくから人間性が見えてくるということですね。





|能力よりも人間性。 自然体で話すことで企業に素の自分が伝わる



伝えたい部分で意識したことは、②の能力や自分のやってきたことよりも、自分の人間性の部分をよく話していたことです。基本的に、笠間という人間の強みを伝えていました。




パソコンでいうと、ソフトウェアではなくハードウェアの部分を伝えていたんですね。





そんな感じですね。結局のところ、スマホでいうならIOSなのかアンドロイドなのか、基本的な人間性の話をしていました。おそらく、伝わってたのは思考がより柔軟で、一貫性があまりないという感じが意図せず伝わっていたと思います。



それが、意図してないからこそ企業の人も笠間さんの人間性を見れたんですね。





そうですね。もう1つが③自然体で話すことを意識していました。社会人の人と喋るっていうのが好きで、この人はどういう考えを持ってるんやろうとか、この人の感覚を知りたい部分は持っていました。社会人と喋るということを楽しんでいた部分はあります。



面接でもですか?






はい。だからこそ、自然体で話すことを心掛けていました。まず「自分にどれぐらい興味をもってくれてるんだろう」というところがあり、1番楽しんでた部分は、採用者のスタンスでした。同じ人事面接を取っても、全然違うことがありました。



具体的にはどのようなスタンスがありましたか?






面白かったものは、製品を売る営業のところでは、わざわざ1対2の面接であるにも関わらず、その1人1人にA4の紙を用意していて、そこに自己分析のようにいろいろメモして、それを区切ってと書いている人がいました。




自分が見えているかどうか、採用担当の方も判断しながらという感じですか。





それをされたからこそ、結構自分のボロが出ましたね。「なんでうちの会社を、受けているの?」という真の部分を炙り出されていました。





そのような観点で見られているんですね。






結局、それだけ自然体で選考を受けていると、自分に合ってる企業か合ってない企業かが就活を通して分かっていきます。





|自分に合った身だしなみ。 常識を守り、色で印象付けをする



ここからは笠間さんの面接の時の身だしなみについて伺います。身だしなみで気を使われた部分はどこでしたか?





身だしなみに関しては、自分に似合う色のネクタイを付けていました。黒のスーツに青色のネクタイでした。私や重田くんは、赤色を付けると幼く見えてしまうかもしれませんね。青色の方が大人っぽく、落ち着いて見えます。1つ注意されたことは、成基コミュニティグループの面接で少し明るい色の靴下を履いていき注意されました。その場で注意されませんでしたが、「身だしなみの部分で少し気を付けておいてほしいことがあります。少し靴下の色が明るかった。もう少し暗い色の方が良い。」と注意されましたね。



靴は気にかけていましたか?






靴は常に磨いていました。昔、野球をしていたこともあり、靴を磨くということはそもそも習慣化されていました。





|ガクチカ、自己PRは聞かれて当たり前。 企業に自分の将来像を話せるか



面接で良く聞かれた質問は何ですか?






ガクチカ、自己PRのことはよく聞かれましたね。






ESの内容ありきの面接という感じですね。






それ以外何を聞くのかなと思いますが、他には、将来どうなりたいのかも聞かれました。最終的には起業したいということを伝えました。起業をするために、過去に起業した人が多い会社ということで、IT系、コンサルティング系や人材系の企業の経営について話しました。それはかっこうの的になり、「自分で勉強したらいいのでは?」と言われましたね。伝えたこととしては、「本も読みますが、本を読んだうえで今の実力では足りないところが多いと思うので、多くの経営者の人に話を聞いたりして、実体験もしていきたい。」と伝えました。そこは、絶対落ちたと思いましたね。けれど、結果は受かっていました。



起業するということを話すとしても、将来性を見て話せているのは大事そうですね。





|企業によって形式が全然違う? 面接の形は企業によって多種多様



笠間さんが面接を受けた中で、ギャップを感じたことはありましたか?基本聞かれることはESのことや自分のことだと思いますが、一般的にやってることと、違った、びっくりしたことはありましたか?




違いを感じたことは3つありました。1つは通される部屋が会社によって違い、その部屋によっては「コンコン、失礼します。」という一言が無いことに驚きました。企業に行くと「この部屋で待っててください。」と言われ、ずっと20分くらい立って待っていて、腹が立ち面接を受けて落ちたということがありました。意外だった面接の形式は不動産系の企業の面接で、部屋に通され、少し待つと恰幅のいいおじさんが出てこられて「始めます。」と言い面接が始まりました。その人の個人的な仕事の話や経歴の話を45分ぐらい聞き続け、「お疲れ様」と言われ面接が終わりました。その場で2人とも合格を告げられました。「見てたのは君たちがどれだけ真剣に話を聞けるかというところを見ていました。」と教えて頂きました。



話の長さに関係なく、聞く態度が変わったりすると良くないということだったんですね。





そういうことなんでしょうね。そんな面接がありましたね。最後はよく聞かれるはずの質問で、「最近、気になったニュースありますか?」というものです。これは全ての面接で1回しか聞かれませんでした。全部の面接を通して1回だけでした。受ける業界によると思いますが、この質問に咄嗟に対応できた方がいいですね。



|噂に聞く圧迫面接...。 ブレない自分を持つ重要性



圧迫面接に遭遇しましたか?






ありました。巷で言われる圧迫面接はありましたね。ある会社の、とある人事の方が有名です。特定するのは良くないので伏せておきます。





圧迫面接の対処法はありますか?






圧迫面接の中でどれだけ準備していても、どうしようもない質問もあります。その質問に対して、ある程度返せたなら返せたで十分ですし、質問の意味が分からなかったら聞き返すのがいいと思います。要するに、どれだけ圧をかけられても、自分を保ち続けられたら大丈夫です。自分でも言っていることが分からなくなるのは良くないです!




ブレない自分でいれば話す内容もブレず、圧迫面接でも圧に負けないでいれそうですね。

面接については以上です。ここまでES、GD、面接と貴重な体験談をありがとうございました。



こちからこそありがとうございました。





EB就活体験記2018年度 笠間勇太郎さん 面接編 完


今回をもってEB就活体験記2018年の記事は終了になります。

2018年度の記事は笠間勇太郎さん、森友志さんのインタビュー記事がございます。笠間さん版と合わせて森さん版の記事も要チェックです。