© 2018 Japan Edu-Beit Association 

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon

お問い合わせ  l  jeba@mail.seiki.co.jp  l  075-256-8851

  • 広報局 重田

EB就活体験記2019年 川本直樹さん インターンシップ編

今回のターゲット:エデュバイト・JEBAでの経験が就職活動の中で活きたエピソードを、1.自己分析、2.インターンシップ、3.ES,GD,面接で意識したことの3つの面からお届けします。

エデュバイト、JEBAでの経験が就職活動にどのように活かせたのか、今回は川本直樹さんの就職活動について対談させていただきました。

川本直樹さん

ゴールフリー大津京教室 教室リーダーエデュバイト生

滋賀県立大学4回生

(インタビュー当時)


JEBAに3年間所属し、企画運営局の主軸として活躍。エデュバイトグランプリの企画立案、演出、当日の運営に尽力。


前回の自己分析編をまだ読んでいない方は↓のリンクから


EB就活体験記2019年 川本直樹さん 自己分析編



|参加できなかったインターンシップ。 エデュバイトという有給インターンで 身につけたこと


ここからはインターンシップについて伺います。川本さんはインターンシップには参加しましたか?





参加できていないです。インターンシップの代わりに、養護学校の実習に行っていました。その当時は教員志望で動いていました。企業に就職すると思っていなかったので、インターンシップに参加する気はあまり無かったです。



実習というと、時期的には3回生の夏ぐらいですか。






そうですね、その時期でした。実習+部活のほうに注力していました。日程的にもインターンシップに行ける時間が確保できなかったですね。

ただ、自分の中で働くプロセス、企業の課題解決の手法を理解できているという自信がありました。



その自信はどういったものからきていたんですか?






「エデュバイトで課題解決の手法を学んでいる」というところですね。

インターンシップで身につけられるスキルはエデュバイトで得ているスキルと変わらないと思っていました。




当時はインターンシップに行かなくても、エデュバイトの取り組みの中でスキルは身につけられると思っておられたんですね。





|インターンシップ参加は広く業界を見るべき。 自分にあった業界、企業を見つけ出す


インターンシップに参加する目的は人によって違いますが、川本さんはどんな目的のために参加するのが良いと思いますか。





私の場合だったら、業界を知るために活用していたかもしれないです。知見を広げるという意味では行って損はないですね。それで、この業界は自分にとっては違うなとなったら、自分にあった業界を絞れますね。

同じ業界のインターンシップにいっぱい行ったとすると、自分の希望する職種が分かったときに知っている業界が少ないのは辛いです。



業界ごとの特色を知り、志望業界を絞る為にインターンシップを利用するということですね。





この時期に、どの職種にするかまだ悩んでいる人は出来るだけ多くの業界を見る。

また、同じ業界のインターンシップに何個も行くのであれば、事前に志望業界を絞り、自分との適性が合っているかを把握しておくべきです。特に、本当に「ここに行きたい!」という企業がある人にとっては、インターンシップで選考方法やや社風を知るのに持ってこいだと思います。



インターンシップが選考に直結しているものもありますね。






そういうものを目的で行くのであれば、インターンシップに参加するのが1番良いと思います。選考に誘ってもらえる機会も増え、どんな仕事なのか分かるので、確実に行くべきですね。




|選考に繋がるインターンシップ。 参加した側、参加していない側の差はなかった?


現在は、選考直結型のインターンシップが増えてきており、選考を早い時期から受けられるようになるので早め早めの就職活動が強いられそうですね。




インターンシップに参加し3月ぐらいに内定が出るとなれば、それに越したことはないですね。





インターンシップに参加していなかった側からするとインターンシップに参加していた就活生と差を感じることはありましたか?





結果として、私が選考を受けた企業では差はあまり感じられませんでした。インターンシップに行ってなくても内定はもらえたので、選考の面で大きく変わるということは無いと思います。




それは自分のスキルや適性を見てもらえたということですね。






そうですね。インターンシップだけが全てではないと思います。自分のスキルを磨くことができる環境があるなら、そこに力を注ぐことも大事だと思います。




他にも様々な環境があるということですね。






私の場合は自分を高められる環境はエデュバイトでした。

自己研鑽の面ではインターンシップへの参加が必須だとは感じないです。1Dayのオフィスツアーなどに行くのであれば、自己研鑽として学ぶことはあまりないのかなと思います。

しかし、理系の長期間のインターンシップに行くのは知識を得られるだけでなく、スキル面、能力面でも学びが多いので、自己研鑽に繋がるかもしれないですね。



|エデュバイトは自己研鑽に優れている。 課題解決プロセスが企業の考え方との共通点


エデュバイトを有給インターンシップとして活用されていたと言うことは、課題解決系の職種や業界を志望しておられたのですか?





そういうわけではなかったです。単純なBtoCの小売系のマーケティングの職に就きたいと考えていました。数年間は就くであろう店舗業は自分の中ではマーケティングの職になるためのステップアップと捉えていました。顧客が望むものを考え、作りたいという思いがあったので、小売業界で大手企業を志望していました。



エデュバイトを他の企業のインターンシップの代わりとして活用していた時は、どのような目標を持って取り組んでおられましたか?





企業は一般的に、エデュバイトの課題発見から解決までのプロセスで回っていると思っていました。このプロセスで企業の取り組みが回っているのなら、これを学生のうちに課題解決のプロセスを身につけたいと思っていました。

その時は教員が第一志望でしたが、自分の視野を広げ、教師になるにしても活かせる部分が多くあると考え、エデュバイトに取り組んでいました。



エデュバイトの魅力に気付くことが出来ていたんですね。






採用の際に塾長からエデュバイトのことを聞き、企業のプロセスと似ていることも説明してもらいました。当時はそれを鵜呑みにして、とりあえず取り組んでいましたが、長年注力する中で自分がエデュバイト通して成長していることを実感できました。




エデュバイトでの自己成長が就活に繋がることを多くのエデュバイト生に知ってほしいです。



|エデュバイトに必要なのは先見性。 取り組む中で確実に得られる自己成長


仲間中にはエデュバイトを必死に取り組めていない人もいたと思いますが、その人たちのことはどのように感じていましたか?





現在になって考えると、その人たちは「今」を見て過ごしているのだと思います。目先の楽しさに第一の価値を置いているのだと感じていました。私の場合は、将来のことを考えたことでエデュバイトに取り組むことの必要性に気づけました。教職の道を諦めることになったとしても、自分の基礎になるものだと確信していました。



エデュバイトに感じる価値観の違いによって、取り組む姿勢が異なるということですね。





エデュバイトに取り組むときに、お金よりも自己成長に価値を置けているかどうかで得られるものも絶対に変わってくると思います。エデュバイトに関係なくインターンシップに成長の糧として参加できる人は就職活動のスイッチを入れている人だと思います。1回生、2回生の人にとっては少し見えづらいかもしれませんが、就職活動、教員採用の時期に必ず活かされる力がエデュバイトの中にはあります。



自分の気づきや成長ができるという物に取り組むことは、自己研鑽としてとてもいいですね。自己研鑽をするにあたってやっておくべきことは他にありますか?




どこかで自分のスイッチが入ったタイミングで、自分の為になることをやっていてほしいです。その内容は何でも良いと思っています。ただインターンシップに惰性で行くだけでは意味がありません。

成長の糧とするのなら、エデュバイト生はエデュバイトに真剣に取り組むのが最も身近な手段だと思います。ただ、そこにも自分の為になる価値があるというスイッチを入れる必要があります。



|必読:この記事を読んでいるあなた。 今から自己研鑽を。


ここまでの話を踏まえて、この時期の3回生は何をやるべきだと思いますか。





目的を持ってインターンシップに参加したり、自己研鑽になるものに全力で取り組んでほしいと思います。これらの経験がないと、就活時に絶対に苦労し、挫折を経験します。




インターンシップに参加することはもちろん良いことですね。ただ参加するだけではもったいないですね。行けない、行かないのであれば、その代わりになるものが必要ということですね。




そうですね。インターンシップに行って、何かを得ることは一番の得策です。インターンシップに行かないのなら、「しっかりとした根拠とインターンシップと同等の代わりになるものを見つけた上で決断をするべき」。この言葉は必ず胸に止めておいてほしいなとは思います。



ここまでインターンシップについて貴重なお話をありがとうございます。






EB就活体験記2019 川本直樹さん ES,GD,面接の意識編に続く