• 広報局 重田

EB就活体験記2019年 川本直樹さん 自己分析編

最終更新: 2019年8月8日

今回のターゲット:エデュバイト・JEBAでの経験が就職活動の中で活きたエピソードを、1.自己分析、2.インターンシップ、3.ES,GD,面接で意識したことの3つの面からお届けします。

エデュバイト、JEBAでの経験が就職活動にどのように活かせたのか、今回は川本直樹さんの就職活動について対談させていただきました。

川本直樹さん

ゴールフリー大津京教室 教室リーダーエデュバイト生

滋賀県立大学4回生

(インタビュー当時)


JEBAに3年間所属し、企画運営局の主軸として活躍。エデュバイトグランプリの企画立案、演出、当日の運営に尽力。




|悩みがちな自己分析。強みに気づけたのはエデュバイトを通して


自己分析のことから伺っていきます。よろしくお願いします。






よろしくお願いします。






自己分析を始めた時に自分自身の軸や適性はすぐに分かりましたか?






マイナビやリクナビの適性診断をとりあえず使って適性を見ると、営業やコミュニケーションを通した職業関連に向いていると結果が出ました。それは自分がある程度思っていた通りで、自分の強みはコミュニケーション、対話力だと思っていたので、そこにはすぐに確信を持てました。



考えていた自分像が適性診断でマッチしたことで確信を持てたんですね。今の自分の強みはどのようにして身につけたんですか?





エデュバイトリーダーを3期連続したことがきっかけです。私は元々企画を考える力や集団で仕事を回す力を身に付けたいと思っていました。それができるのがエデュバイトプロジェクトだったのでそこに力を入れました。プロジェクトでは、コミュニケーションを取りながら仕事を回すことが出来たので、自分の強みにすることが出来ました。



|他人と自分を比べて見えた自分の強み。自分がいる環境の中で気づいたこと



エデュバイトで得た経験を自己分析に重ねることはとても分かりやすいですね。自己分析をする中で、本当にこれでいいのかという葛藤に陥った時はありましたか?




葛藤ですか。自己分析の入り口は「自分は何ができるのだろう?何も出来なくない?無理や。」というところからでした。まず最初に、自分と他の人を比べた時に自分を過小評価から始まっていました。周りの人のほうが自分よりもできるように見えますし、そうなると自分が相対的にできないと感じていました。

それこそ、JEBAで一緒に活動している人は凄いです。去年は局長だった田中さんのセンスを目の当たりにし、こういう人たちが様々な業界、企業に就職できる人材だと感じていました。



自分にはない能力を持ち合わせている人は優れていると感じますね。






そうですよね。そういう考えもあり、自己分析で自分の強みを出そうとしても「自分より勝ってる人がいるのに、本当に強みなのか?ほかの人の方ができるぞ。」と思っていました。




周りに自分よりも出来ることが多い人たちがいる中で、どのようにして自分の強みを見つけ出せましたか?





JEBAメンバー以外の友達と一緒に就活イベントに行った時に自分がしていることの大事さに気づました。「実は頑張っていたんだ。」と実感したんです。自分の中で当たり前になっていた、エデュバイト、JEBAの活動を見つめ直す機会になりました。そこでエデュバイトやJEBAの活動を通して対話力が伸ばせたと分かったりました。



そうだったんですね。比較する人が変わって、自分の成長できたところが分かったんですね。





それからサイトの適性診断ツールを使ったら、同じような内容が出て、「やっぱり、伸ばせていたんだ。じゃあ僕はこの強みなんだ。」と自信が持てました。




|様々な環境に自分を置いていた。JEBAという自分に気づける環境



自分自身を見つめなおす、他の人と自分を比べながら客観視出来る環境が身の回りにあったんですね。





大学では部活動の主将、サークルでは連絡係という環境があり、ゴールフリーでは教室リーダー、エデュバイトとJEBAという多くのポジションにいました。だからこそ、周りを見ることができ、自分を客観視することができました。



様々な環境に身を置けていたから、強みが発見できたんですね。周りの人から自分の強みについて評価してもらえることはありましたか?





友達に「学生の実行委員やっている。」や「教室で業績をあげるためにエデュバイトをしている。」と話すことは何度もあります。そういうことを友達は知っているので「川本、めっちゃすごいな!」「めっちゃできる!」という声はありました。自分の当たり前を評価されているだけという実感でしかなかったです。どちらかというと「なんで、これくらいで凄いと言ってくれるのだろう?」と思っていました。



何をやろうが、何を言おうが凄いでまとめられてしまっていたんですね。






正直、自分は人より出来ているという実感はありませんでした。大学の環境だけでは、周りの人から「客観的に君はこういうところができて、こういうところが苦手だね。」という声は出てこなかったです。




ゴールフリーではどうでしたか?






ゴールフリーの教室長は業務で忙しく、あまり頼る時間がなくて、そういう評価は得られてませんでした。客観的に自分のことを言ってもらえるのはJEBAの環境ぐらいでした。




確かに、JEBAは自分のした活動にフィードバックが貰える環境ですね。






本当にそう思います。だから、去年の実行委員長だった笠間さんや企画運営局局長だった田中さんから活動中のことや去年の活動が終わってからも自分の動き方がどうだったのか伝えてくださいました。自分の動きに関して、ちゃんと見てくれる人がいたので、JEBAの環境で様々な自分に気づくこともできました。「自分はこういうタイプで、こういうところが出来てたのか。」というプロセスで気づくことが多かったです。



「自分ができることを見つけることが、自分を見つめ直すのに重要。」と何故か照れて話す川本さん


|強みと弱みは表裏一体。弱みに見えて、それは自分の持つ強みなのかも



ここまでお話を伺っていて、川本さんの自分の強みの発見の仕方はとても特徴的で、良い方法だと思いました。反対に、自分の弱みは気づけましたか?




俺の弱みは、自分で分かっていました。







それも他の人と比較することによってですか?





そうですね。自分と人を比較していることで自ずと弱みが見えてきました。そこを直す必要があると思い、動いていました。





自分の弱い部分を直すために動けていたんですか。具体的にどのように活動していたんですか?





そうですね。いわゆる企画や何かを作る仕事の面を伸ばそうとしていました。私自身、発想や意見を言うことはできます。しかし、先にリスクを考えてしまい、確実な利益を出すために、斬新な意見を発信するまでに至らないことが多いです。局内の議論の中でも、1回生の頃からずっと「何か引っかかるところはないか。」ということばかり探していました。直そうと心がけていますが、今でもそうなってしまうこともありますね。



不十分な点を探すというのは、自分の強みにもなる部分だと思いますよ。






そこも、ある意味強みなのかもしれませんね。さらに、所属している企画運営局の中で自分がそれを出来ると思っていたので、1回意図と目的を確認して、軌道修正を行う役割も果たしていました。




自己分析に置き換えると自分の出来るところ出来ないところが明確になっていた感じですね。ずば抜けて出来るところ、反対に自分を立ち返って出来ないと思うところもあれば、自己分析に迷いはなくなりそうですね。





今までの自分の経験したものから出来た事、出来なかったことを集約し、一つの形にするといいですね。





|気づいたからできた、自己分析。エデュバイトを続けた経験



今まで伺っていると常に自己分析をされていたように感じますが、川本さんの中で自己分析をスタートしたのはいつ頃からでしたか?





3回生の春ですね。2回生時に受講していた教職の授業を聞き、「自分にはここまで生徒に奉仕するメンタルはないな。」と思いました。そこで教職の道を消し、3回生になり、「就職するとしたら、どうしよ。」となって、今まで話してきた行動になります。



3回生で自分を見つめ直すきっかけができ、自己分析を始めたということですね。





そうですね。「自己分析をして出てきたことの中で、自分の出来なさそうなことが出来るようになるのでは?」という考えが頭の中にあって、そこから様々な活動に力を入れ始めました。自分の結論としては、自己分析をする軸がエデュバイト、JEBAの活動を通しての経験になりました。



|自分を見直す環境に飛び込む。常に自分が分かり、弱い部分を鍛えられる環境



最初から出来ること、出来ないことを考えることはなかなかできない事ですね。だいたいの人は自分の出来ること出来ないことに気づけていないと思いますよ。

自己分析編の最後として、今の下回生たちは何から始めるべきでしょうか?



自分のしていることを客観的に見てくれる環境と人を見つけてほしいです。これは就職活動を控えている3回生よりも1,2回生にして欲しい事です。私自身、自分を鍛えられる環境を自分でつかみに行きました。そういう場所で自分のことをちゃんと見てくれる人を見つけて話を聞いたから、最終的に自分の強み、弱みに気づいて自己研鑽が出来ました。大切なのは人と環境です。いくら自分で自分を客観的に見ようとしても、所詮は自分止まりです。



自分1人で自己分析をすると単に自己評価になってしまいますね。






エゴが入ったり、「こうありたい」もという思いもありますし、過小評価をしてしまいます。私みたいに、実はできていることが出来ていないと思ってしまうわけです。客観視するには、絶対に外からの目や意見がもらえる環境がいいです。



本当の自分に気づくには自分を鍛えられる環境、自分を公平な立場で見てくれる人が必要ですね。





さらに、自分よりもスペックが高いと思う人がいる環境に飛びこんでいったほうがいいと思います。





馴れ合いではなく、切磋琢磨できる環境のほうが自分の成長が大きいというわけですね。





客観視をしてくれる人は同学年でも先輩の人でも誰でもいいです。私であれば、去年の実行委員長の笠間さん、企画運営局の局長をしていた田中さん、JEBAの活動を手助けしてくださる事務局の福永さんや田村さんといった方々になります。



たまたまそれが歳が上の人達だっただけで、両親でもいいのかもしれませんね。





対等に評価してくれる人と関われ、自分の出来てないことを伸ばすために、敢えて自分よりも何かが出来る人の中に飛び込むと、できる自分、できない自分に気づくことができます。JEBAは常に自分を分析できる状態なので、それが本当に恵まれている環境だと思います。



自分よりもスペックが高いと思う人達と常に自分を分析できる環境がある。それは自己分析できる最強の環境ですね。自己分析編は以上になります。ここまでの貴重なお話ありがとうございました。





EB就活体験記2019年 川本直樹さん インターンシップ編に続く

© 2018 Japan Edu-Beit Association 

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon

お問い合わせ  l  jeba@mail.seiki.co.jp  l  075-256-8851