SPI解答編35

11/15~11/20で出題していたSPIの問題の回答解説をまとめたのでぜひご覧ください◎




問題1

800ⅿの道路の両端に電信柱があります。その間に40ⅿの間隔でくいを打っていきます。何本のくいが必要でしょうか?

①18本

②19本

③20本

④21本

⑤22本


答え1

②19本


解説1

800ⅿの道路に40ⅿの間隔でくいを打つので、

800÷40=20

20個です。

この20個というのは間の数です。

両端には電信柱があるので、間の数より1個少なくなるので

20-1=19

19本です。

よって、19本のくいが必要です。

したがって、②です。






問題2

飴があります。1人5個ずつ配ると27個余ります。そこで1人8個ずつ配るとちょうど配り終えることができました。何人が飴をもらっているでしょうか?

①7人

②8人

③9人

④10人

⑤11人


答え2

③9人


解説2

1人5個ずつ配ると余りましたが、8個ずつ配るとちょうど配り終えたので、1人3個ずつ増やしたことになります。1人3個ずつ増やして配ると、余っている27個を配りきることが出来たということです。

27個をみんなに3個ずつ配っていったら余りがなくなったので、

27÷3=9

9人です。

よって、9人が飴をもらっています。

したがって、答えは③です。






問題3

A君とB君はそれぞれお小遣いをもらっています。2人のお小遣いを足すと2400円です。A君はB君よりも400円多くお小遣いをもらっています。A君は何円のお小遣いをもらっているでしょうか?

①1000円

②1250円

③1400円

④1450円

⑤1550円


答え3

③1400円


解説3

A君のお小遣いをx円とします。すると、B君はx-400円と置くことができます。

2人のお小遣いを足すと2400円なので、

x+(x-400)=2400

となります。

2x-400=2400

移項して

2x=2400+400

2x=2800

x=1400

1400円です。

A君のお小遣いは1400円です。

したがって、答えは③です。






問題4

秒速15mで長さ240ⅿの列車と秒速11mで長さ280ⅿの列車が向かい合って進んでいます。このとき、この2本の列車が出会ってから離れるまで何秒かかりますか?

①20秒

②22秒

③24秒

④28秒

⑤30秒


答え4

①20秒


解説4

この問題は、列車2本がすれ違う時間を求める問題です。すれ違う問題は列車2本の先頭同士が出会ってから列車2本の最後尾が離れることを示しています。すれ違っている時間の求め方は

列車2本の長さの和÷列車2本の速さの和です。

このことから列車2本の長さの和は

240+280=560

560ⅿです。

また、列車2本の速さの和は

15+11=26

1秒当たりに秒速26mずつ縮んでいきます。

560÷26=20

20秒です。

よって、2本の列車が出会ってから離れるまで20秒かかります。

したがって、答えは①です。






問題5

鶴と亀がいます。鶴と亀合わせて13います。足の数の合計は24本です。亀は何匹いるでしょうか?

①2匹

②3匹

③4匹

④5匹

⑤6匹


答え5

③4匹


解説5

亀がx匹いるとすると、鶴は13-x羽いるとおくことができます。亀の足は4本で鶴の足は2本なので、

4×x+2×(13-x)=34

4x+26-2x=34

移項して

4x-2x=34-26

2x=8

x=4

4匹です。

よって、亀は4匹います。

したがって、答えは③です。